読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいるGUIDE ステップ02

STEP02

イメージの完成度を上げるためには、的確な比較が必要!モデルハウス見学のポイントを押さえよう

  • 外観・工法・構造

    各社のデザイン・工法の独自性に注目!

    展示場のモデルハウスは、各社それぞれ特長のあるデザインとなっています。またデザインだけでなく、耐震性や耐火性、耐久性に関係する構造・工法にも注目してみましょう。

    各社の工法による特徴の違い/外観デザイン/構造・工法によるコストの違い

  • 間取り

    注文住宅だからとことんこだわれる

    家事動線や家族が集まるリビングの位置、子どもたちの成長に合わせて部屋が分別できるかなど、将来的なライフスタイルの変化も頭に入れてチェックしましょう。

    家事動線/リビングの位置/生活に変化に合わせた可変性

  • キッチン

    キッチンのタイプと仕様をチェック!

    キッチンの主なタイプとして、オープン型・独立クローズ型・アイランド型などがあげられます。また、ナチュラル・ヨーロピアン・カフェ風など、好きなデザインテイストをイメージしましょう。

    リビングやダイニングとの位置関係/キッチン収納の広さや位置

  • リビング・ダイニング

    家族の笑顔が集まる大切な場所

    光の入り方や風通し、家族の人数によっては広さも重要です。玄関や外からの視線、またリビングでのだんらんの様子を想像しながら、我が家だったらというイメージを膨らませましょう。

    明るさ・通気性/広さと光熱費/キッチン・ダイニングの位置関係

  • バス・洗面・トイレ

    ほっと一息つける場所にするために

    快適性やお手入れのしやすさなどをふまえて、各設備メーカーの製品をチェックしてみましょう。また買い置き品や着替え、タオルなど、どこにどれだけ収納するかをイメージしましょう。

    お風呂と洗面脱衣室の広さ/家事動線/収納の位置・量/他の部屋との温度差対策

  • 収納

    いつまでもすっきり暮らせる収納

    大きな収納を用意するか、各部屋に少しずつ用意するか。造り付けの収納か、好きな家具を入れるためにスペースを確保するか。家族の人数やライフスタイル、収納するモノ、量に合わせて考えてみましょう。

    家事動線に必要な収納/高さ・奥行・場所/来客に見える収納、見えない収納

  • 寝室・子ども部屋

    将来を見据えた間取りを考えよう

    子ども部屋が複数必要か、子どもが独立した後の部屋をどうするかなど、将来を見据えた間取りを意識しましょう。主寝室も寝るだけの部屋ではなく、ゆっくりくつろぐスペースでもありたいですね。

    将来的な部屋の間取り/明るさ/趣味スペースなど寝る以外の目的も

次のステップへ

住まいづくりガイドTOPにもどる