読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいコンシェルジュのワンポイントアドバイス

Concierge

これからグリーン住宅ポイントの発行申請をします。ポイント交換までのスケジュールを教えて下さい

【ポイントの利用方法によってスケジュールが異なります。事前に利用方法を確認して進めていきましょう。

 

グリーン住宅ポイントの発行締め切りは令和3年10月31日まで

グリーン住宅ポイントの発行申請の締め切りは遅くとも令和3年10月31日までとなっていますが、予算の執行状況によって早まる可能性もあるとのことなので準備が整えば速やかに申請をしていただいた方が良いと思います。

 

商品交換の申込期限は令和4年1月15日(予定)

商品交換の申込期限については、令和4年1月15日(予定)までとなっていますので、それまでには商品交換・申込を済ませておかなければなりません。ポイント発行申請は、基本、工事完了後に行うことになっていますが、注文住宅新築や分譲住宅新築の場合では必要書類が整っていれば工事完了前であっても申請することができます。

 

工事完成前申請の場合は、工事完了報告期限日に注意!

工事完成前申請の場合は、工事の完了報告書類の提出が義務付けられていますので、工事完了報告期限日(戸建て住宅の場合で令和4年4月30日)までには、必ず、工事完了報告書の提出をするようにして下さい。万一、要件を満たさなかった場合は既に発行済みのポイントは無効となり使用済みのポイントは返金が必要となります。発行されるポイントは、基本的に「商品交換」か「追加の工事費用」と交換することができます。

 

ポイント交換の流れ

「商品交換」の場合は発行申請後にグリーン住宅ポイント事務局からメールかはがきで「個人ID」と「パスワード」が送付・通知されますので、商品交換サイトにログインして交換したい商品をサイト内で探し、交換手続きをすれば商品が到着する流れになります。

「追加の工事費用」の利用をしたい場合は、発行されたポイントをポイント発行対象である工事や販売事業者がおこなう追加工事の一部(グレードアップ含む)、または全部に充当(「1ポイント=1円相当」、1,000ポイント単位で利用)しますので、申請時には追加工事の対象となる工事内容と金額の分かるもの(契約書・見積書等)が必要です。ポイント発行申請と合わせて「追加工事申請書」の提出をするようになりますが、「追加の工事費用」の利用の場合、工事施工者または販売事業者が「代理申請者」となり手続きをするのが一般的ですので事前に業者に相談をして進めるようにして下さい。こちらは、令和4年1月15日までに必ず完了報告が必要となっています。

 

専用の特設サイトで確認しよう!

ポイント申請の状況や対象要件などの詳細ついては専用の特設サイトで確認ができます。グリーン住宅ポイントは、ポイントの利用方法によって発行方法やスケジュールの進め方が異なりますので、事前に確認の上、手続きを進めることが大事です。

参考サイト

グリーン住宅ポイント特設サイト(国土交通省)

写真:宅地建物取引士・不動産コンサルタント 住まいコンシェルジュ 中川 雄二

宅地建物取引士・不動産コンサルタント

住まいコンシェルジュ中川 雄二

住宅産業に従事して30年。2006年にはエンドユーザー向けに「住まいづくりのコンサルティング」をおこなう会社を立ち上げました。私が得た知識と経験を皆さんの住まいづくりにどうぞ生かしてください。