読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいコンシェルジュのワンポイントアドバイス

Concierge

家づくりにはどのくらいの時間がかかるものですか?

【家づくりは1年前くらいから計画を始め、1年後には新居での生活が始まるというのが理想】

住まいづくりにかかる時間ですが、これは人により、住宅会社により異なりますので、一概に「このくらいの時間が必要」とは言えないのが本音のところです。

ただ一つの目安として、またプロジェクト(住宅建設)に関わる時間としてみれば、「1年」という期間が適切ではないかと思います。

具体的に言いますと、住まいづくりにはいくつかの段階において必要とする時間がありますが、住まいが欲しいと一念発起し、

住宅会社をリサーチする期間として約2~3ヶ月

候補となる住宅会社をいくつか見つけ、その選定作業をする期間として約2ヶ月

住宅会社が決まり、具体的な商談期間として2~3ヶ月

住宅会社と契約をして、実施設計をする時間として約2~3ヶ月

工事期間は平均して3~4ヶ月ぐらいが多いですから、合計すると約1年ちょっとになります。

リサーチ期間などは相手がいないので人によってかなり差が出ますが、具体的な商談になると相手もいますから、概ね上記に書いた期間の中で話がまとめるようになってきます。

また、住宅を必要となるには理由がありますから、あまり期間が長くなると、その目的を達する事が出来ないということにもなりかねるので、1年前くらいから計画を始め、1年後には新居での生活が始まるというのが理想ではないかと思います。

写真:宅地建物取引士・不動産コンサルタント 住まいコンシェルジュ 中川 雄二

宅地建物取引士・不動産コンサルタント

住まいコンシェルジュ中川 雄二

住宅産業に従事して30年。2006年にはエンドユーザー向けに「住まいづくりのコンサルティング」をおこなう会社を立ち上げました。私が得た知識と経験を皆さんの住まいづくりにどうぞ生かしてください。