読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいコンシェルジュのワンポイントアドバイス

Concierge

完成見学会に行くのですがチェックすべきポイントは?

【現実的な大きさの住宅の、実際にかかった費用が一番参考になるポイント】

完成見学会は個人が建てられた実際の住宅の見学会ですから、住まいづくりを進めている方にとってはとても参考になるものだと思います。

住宅展示場などは、多くの方が見に来られることを前提に建物が作られていますので、実際の建物とは大きく異なる点が多く、また贅を尽くして豪華にも作っていますので仕様・設備も現実的ではありません。

それに比べ、個人が建てられた住宅の完成見学会は、現実的な建物として見ることができ、個人の住宅ならではの細部な造作や、使い勝手の工夫などはとても参考になります。完成見学会の見学のポイントとしては、使われている素材、設備、仕様の確認、使い勝手を考えた間取りや動線、細かな棚等の配置、収納の工夫などを細かく見ることです。

そして中でも一番参考となるのが、実際に掛かった費用を確認できるという点です。目で見て確認できた現実的な大きさの、住宅の実際に掛かった費用を確認できるということは、これから住まいづくりを計画し住宅会社を選定していく方にとっては貴重な情報となります。

タイミングが合わなければ見ることのできない完成見学会ですが、都合が合うならば積極的に見にいくことを強くオススメします。

写真:宅地建物取引士・不動産コンサルタント 住まいコンシェルジュ 中川 雄二

宅地建物取引士・不動産コンサルタント

住まいコンシェルジュ中川 雄二

住宅産業に従事して30年。2006年にはエンドユーザー向けに「住まいづくりのコンサルティング」をおこなう会社を立ち上げました。私が得た知識と経験を皆さんの住まいづくりにどうぞ生かしてください。