読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいコンシェルジュのワンポイントアドバイス

Concierge

いつのタイミングで建て替えるか迷っています

【一番のポイントは、なぜ建替えをするのかという動機を明確にすること】

建て替えのタイミングというものはたしかに難しいと思います。

本来、建て替えはやむを得ない理由、例えば、建物の著しい老朽化、構造的なトラブル(雨漏れ、シロアリ、構造の不具合)というようなものがあり、それを改善するには相当の手入れが必要となるなど、ハッキリとした理由があれば、迷わず建て替えをするとなります。

また、建て替えをするには相当の予算が必要ですから、施主の年齢、住宅ローンの支払い、必要とするタイミングというのも大きな要素の一つになっています。

いくつかの条件が整って初めて建て替えというものが具体化するのですが、最近では上記で述べたような理由以外に、建て替えを検討するという方も増えています。

現在の住宅は30年前の住宅と比べて住宅の基本性能が著しく高くなっていますので、建物に不具合が生じていなくとも、安全性や省エネ性、快適性や環境問題などを考慮して建て替えを検討したいという方がいます。

生命と財産を守る住宅の質をより高め、省エネ仕様の最新設備でランニングコストを下げ、地球環境も考慮した住宅にしたいという考え方です。加えて、現在は超低金利の住宅ローンが利用できるので、経済的なメリットを考慮して先を見越し建て替えを検討されるという方もいらっしゃいます。

建て替えのタイミングを決める一番のポイントは、何故、建て替えをするのかという動機を明確にすることではないかと思います。

建替えのタイミング

写真:宅地建物取引士・不動産コンサルタント 住まいコンシェルジュ 中川 雄二

宅地建物取引士・不動産コンサルタント

住まいコンシェルジュ中川 雄二

住宅産業に従事して30年。2006年にはエンドユーザー向けに「住まいづくりのコンサルティング」をおこなう会社を立ち上げました。私が得た知識と経験を皆さんの住まいづくりにどうぞ生かしてください。