読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいコンシェルジュのワンポイントアドバイス

Concierge

実際、マイホームはどのくらいお金がかかるものなのでしょうか?

【自分の身の丈に合った予算を組み、その予算に合わせた住宅取得を検討することが大事】

ご質問の内容がどのような計画のことを指しているか分かりませんが、住宅支援機構が2017年6月に発表している住宅の平均取得価格というものが参考になると思いますのでそれをご紹介します。

まず、土地を購入し注文住宅を建てられた方の平均取得価格は、全国平均で3,955万円となっています。また、土地をお持ちで注文住宅を建てられた方の平均建物取得価格は全国平均で3,320万円となっています。私は主に岡山を中心に住宅コンサルの仕事をしていますが、実際の肌感覚としてもこの平均価格は実態を反映していると思います。

また、住宅取得の場合、多くの方は住宅ローンの借入をしていますが、住宅ローン借入金額が平均どのくらいかといいますと、先に述べた平均取得価格3,955万円の内訳からすると、自己資金が約600万円で借入金額は約3,400万円となっています。

当時の金利で住宅ローン年間の支払額を計算してみますと、年間支払額が119万円となり、年収に対する理想的な返済負担率25%で逆算すると、必要世帯年収は476万円となります。

自己資金が600万円ほど用意出来、世帯年収が476万円ある方ならば、約4,000万円の住宅資金購入枠であると考えればいいという事になります。平均取得価格はあくまでも参考としていただいたらと思いますが、自分の身の丈に合った予算を組み、その予算に合わせた住宅取得を検討することが大事だと思います。

写真:宅地建物取引士・不動産コンサルタント 住まいコンシェルジュ 中川 雄二

宅地建物取引士・不動産コンサルタント

住まいコンシェルジュ中川 雄二

住宅産業に従事して30年。2006年にはエンドユーザー向けに「住まいづくりのコンサルティング」をおこなう会社を立ち上げました。私が得た知識と経験を皆さんの住まいづくりにどうぞ生かしてください。