読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいコンシェルジュのワンポイントアドバイス

Concierge

建てた後のアフターや保証は住宅メーカーによって違いますか?

【アフターフォローは住宅会社によって異なり、保証は法律上必要な保証と住宅会社が独自で設定した保証があります】

住宅を購入した後のアフターや保証については、住宅会社選びの重要な要素の一つです。住宅はとても高価ですし、長期の住宅ローンを組んで購入する方がほとんどなのですから、入居中に多大な費用が掛かるトラブルがあってはたまりません。住宅購入において、しっかりとしたアフターフォローや保証制度は不可欠な要素なのです。当然、住宅会社もその辺りは承知していますので、アフターや保証については各社様々な形で訴求をしています。

まずアフターについて、住宅会社は定期点検をメインとしたシステムでおこなっています。住宅会社によってその内容は異なりますので、住宅会社を決める前にはアフターの内容等、十分に確認して下さい。ポイントは、定期点検の周期や専門の部門があるか否か、トラブルが発生した場合の連絡方法や対応について尋ねてみるといいでしょう。

保証については、法律上必要な保証と住宅会社が独自で設定した保証があります。現在、新築住宅は10年間の瑕疵保証保険に加入することが義務付けられており、躯体に関する大きなトラブルは保険制度を利用して担保するようになっています。これはどこの住宅会社も同じです。住宅会社独自の保証については、住宅瑕疵担保期間の延長、設備機器などの期間保証などですが、内容は住宅会社で異なりますので契約する前に説明を受けましょう。中にはむやみやたらに保証期間を長くしている住宅会社も見受けられますから、実現可能な内容なのかも含めて見極めることが大切です。

写真:宅地建物取引士・不動産コンサルタント 住まいコンシェルジュ 中川 雄二

宅地建物取引士・不動産コンサルタント

住まいコンシェルジュ中川 雄二

住宅産業に従事して30年。2006年にはエンドユーザー向けに「住まいづくりのコンサルティング」をおこなう会社を立ち上げました。私が得た知識と経験を皆さんの住まいづくりにどうぞ生かしてください。