読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいコンシェルジュのワンポイントアドバイス

Concierge

補助金や減税など賢く使っていきたいのですが……

補助金や減税措置については事前に調べる必要が。展示場でも情報を提供しています

新築住宅には補助金や減税措置というものがあります。これは、個人消費最大の買物である住宅取得が経済に与える影響が大きく、また、国⺠生活に取って重要な住宅に対して、政府として後押しをしていくという考えからです。合わせて最近では、地球環境に優しい住宅や自然災害に耐えうる強い住宅を増やしていきたいとの考えもあり、補助金制度や減税措置を充実させてきています。

少し具体的にお話をしますと、減税措置は時限立法がほとんどで、毎年、内容が変わったり、追加されたりしています。政府も広報などで案内をしてくれていますから、自分がどの減税が受けられるかなど、事前に確認しておいた方がよいでしょう。

また、補助金については、国だけでなく、都道府県、市町村でも設定されており、内容も多種多様です。共通しているのは、省エネ・安全性・快適性など一定レベル以上の住宅に対して補助金が設けられていますので、住宅の質的なものがともなわなければなりません。質の良い住宅にするには相応の建築費も必要ですから、費用対効果も考えたうえで、活用するか否か検討することが大切です。

どんな補助金制度があるかについては、国、都道府県、市町村のHPなどを確認したり、総合展示場や建築会社に直接尋ねてみると良いでしょう。

写真:宅地建物取引士・不動産コンサルタント 住まいコンシェルジュ 中川 雄二

宅地建物取引士・不動産コンサルタント

住まいコンシェルジュ中川 雄二

住宅産業に従事して30年。2006年にはエンドユーザー向けに「住まいづくりのコンサルティング」をおこなう会社を立ち上げました。私が得た知識と経験を皆さんの住まいづくりにどうぞ生かしてください。