読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいコンシェルジュのワンポイントアドバイス

Concierge

モデルハウスの見学のポイントを教えて

モデルハウスごとの違いを確認し、自分の好みに合う住宅かどうかという目線で見ることが大事です

モデルハウスの見学のポイントですが、まずは「外観デザイン」です。

モデルハウスは、その住宅会社の一番得意としているデザイン、訴求したいデザインで建てていますから、住宅会社の特徴がより強く出ているのです。したがって、どの住宅を見たらよいか迷われたら、まずは展示場内を一周回って、自分の好みの住宅会社はどこかなと眺めてみて下さい。そして気に入った住宅があれば中を見学して下さい。

中に入ってからの見学のポイントですが、使っている内装の仕上げ、素材やデザイン、住宅設備機器などを見て下さい。「外観デザイン」でお話ししたように、住宅会社は自社の構造や工法の特徴を生かした提案をしていますから、自分の好みに合うかどうかという目線で見れば良いのです。安全性や耐久性などのハードが気になる方は、構造や工法を尋ねてみてもいいと思います。間取りは?という方もいると思いますが、残念ながら展示場はあまり参考にはなりません。展示場は多く来場者を想定したプランニングをしているので、サイズ感が一般住宅と全く違うからです。

まとめると、住宅会社は自社のアピールと他社との差別化を図り展示場を建てていますから、まずはその違いを確認し、自分の好みに合う住宅なのかどうかという目線で見て回れば良いということです。

写真:宅地建物取引士・不動産コンサルタント 住まいコンシェルジュ 中川 雄二

宅地建物取引士・不動産コンサルタント

住まいコンシェルジュ中川 雄二

住宅産業に従事して30年。2006年にはエンドユーザー向けに「住まいづくりのコンサルティング」をおこなう会社を立ち上げました。私が得た知識と経験を皆さんの住まいづくりにどうぞ生かしてください。