読み込み中...

ふれあいホームタウン

メニュー
とじる
ふれあいホームタウン TOP

住宅展示場

住まいづくりガイド

住まいコンシェルジュのワンポイントアドバイス

Concierge

住まいづくりは何から始めればいいの?

住まいづくりはスケジュールを立てることから

さて、「住まいづくりは何から始めればいいの?」こんな質問をよく受けます。たしかに、何からはじめたらいいのかよく分からないですよね。住まいづくりを進めると、予算のこと、建設地のこと、家族のこと、建築会社の選別など、様々な課題がでてきます。

計画の形態によって解決すべき課題や優先順位は変わってくるのですが、計画を進める上で、まず最初にすべきことは、「スケジュールを立てる」ということです。

分かりやすく言うと、いつまでに入居するのかを決めなければ、課題の解決方法や優先順位が変わり、決断することができないのです。住まいづくりの動機、入居時期を決める要素というのは、それぞれのご家庭によって異なりますから、ご家族でよく話し合い、スケジュールを決めていくことが大切です。

一般的に住まいづくりは、入居したい1年前から始めるとちょうどいいと言われます。入居したい時期が決まれば、そこから逆算して計画をスタートしていけばいいと思います。

写真:宅地建物取引士・不動産コンサルタント 住まいコンシェルジュ 中川 雄二

宅地建物取引士・不動産コンサルタント

住まいコンシェルジュ中川 雄二

住宅産業に従事して30年。2006年にはエンドユーザー向けに「住まいづくりのコンサルティング」をおこなう会社を立ち上げました。私が得た知識と経験を皆さんの住まいづくりにどうぞ生かしてください。