住まいづくりのお役立ち情報

住まいづくりの知恵袋 理想の住まいづくり応援BOOK

知恵袋

住まいづくりの流れ

  1. イメージづくり

    どんな家に住みたいのか、まずは家族で話し合ってみましょう。

  2. モデルホーム見学

    インテリアや間取り、工法、構造など、家族のイメージに合ったモデルホームを
    納得いくまで見学しましょう。また情報収集には、雑誌やインターネットも活用しましょう。

  3. 資金計画

    家計と相談しながら、無理のない資金計画を立てましょう。

  4. 候補メーカーを比較検討

    家族で話し合いながら、数社に絞り込んでいきます。

  5. 概算見積もり

    数社に予算と希望を伝え、基本設計と見積もりを依頼します。

  6. メーカー決定

    各社のプランを比較検討して1社に絞り込み、仮契約を結びます。
    希望が十分に生かされているか、どんなアイデアが盛り込まれているかを確認しましょう。

  7. 本設計・本見積もり

    住宅メーカーと、設計図・見積もりの詳細を打ち合わせします。

  8. 契約

    プランが決まり、価格も納得すれば正式に工事請負契約を結びます。

  9. 着工

    工事内容に合わせて立ち会います。希望により地鎮祭を行うことも。

  10. 上棟

    工事の様子を現場で確認しましょう。希望により上棟祭を行うことも。

  11. 竣工

    ほぼ1ヶ月にわたる仕上げの工事が終われば、住まいの完成です。

  12. 施主検査

    図面通りに仕上がっているか、じっくりと確認しましょう。

  13. 引き渡し

    施主検査の手直しが終われば、新居の関連書類とカギを受け取ります。

  14. 入居

    念願の新居での生活が始まります。入居後は近隣へ挨拶にまわりましょう。

土地選びのポイント

今一度よ~く考えて! 「立地」や「価格」、「面積」だけで決めないで。

頭の中で描く理想の住まいが、面積を満たしていればどの土地でも建つわけではありません。家は建っても日当たりが悪かったり、土地が傾斜していたりと思いもよらないトラブルが起こることがあります。直感で決めることなく前に敷地調査するなど念には念を入れて検証しましょう。

【これだけは見ておきたい基本条件ベスト3】

  1. ①家を建ててもいい土地かどうか?

    建築規制があったり、高さ制限があったり、土地により様々な制約がある場合があります。

  2. ②周辺環境など安全な場所がどうか?

    土地の裏が山で、大きな岩が山から崩れて落ちてくるかも…これは極端な例ですが、水はけはどうか、建てた家が地滑りで崩れる可能性はないかなど、様々な事態を想定して安全性の高い土地を選びましょう。

  3. ③理想の住まいプランに合った形状の土地かどうか?

    最終的には決めた土地にあった家の設計図を作ることになります。土地の形状で、間取りを変更の必要や、ひと部屋減らさないとならなくなったり、大きな部屋が作れないこともあります。そういう意味で土地の形状は重要なポイントです。

土地選び、これだけはチェックしたいポイント指南

  1. ① 採光・通風の良さ
  2. ② 電柱や街路樹の位置
  3. ③ 道路の道のりや工程差
  4. ④ 上下水道などの配管整備の状況
  5. ⑤ 隣家との距離、窓や玄関の位置
  6. ⑥ 隣家の浄化槽や臭突の位置
  7. ⑦ 土地からみた正確な方角
  8. ⑧ 土地周辺の交通量

土地は自分の足で見に行き、理想の土地を見つけましょう。

  • ●季節や、時間帯を変えて何度でも下見

    夏と冬の過ごし易さは両方体験して決めるのは難しいので、周辺に住んでいる方に聞いてみましょう。また時間帯を変えることは、日当たりなど周辺環境の変化もわかり有益な手段です。

  • ●雨の日の土地見学は必須です。

    敷地および周辺道路の排水状態を調べるのは雨の日に下見に行くのが有効です。土地の水はけが良いことは重要ポイント。晴れの日には判らなかった問題点などが見つかることもあります。

  • ●電車、バス、車など様々な交通手段を体験

    通勤通学の交通事情などを見るなら平日のラッシュ時を見ておきましょう。電車やバスのダイヤなどの状況も実際に体験してみましょう。車の混み状況も合わせて体験しましょう。